住宅ローンで損しない方法、ローンのシミュレーションを行う

住宅ローンで損しない方法でローンのシミュレーションを行う必要があります。

 

住みたい家、マンションがどのようなもので、どれくらいの価格相場なのか概ね把握できてきたら、次にお金の工面に移るかと思います。

 

家を決めてから貯蓄を始める方は少ないとは思いますが、年齢やライフスタイルによって、購入する時期というのは大きく変わると思います。

 

全額をローンで賄うことができるくらいの高収入の方や、結婚など何らかのイベントが間近という方は、家を買うと決めてから実際に購入するまでのスパンは短いかと思います。

 

反対に将来家を買いたいと思っているという程度の方は、まず長い年月掛けて貯蓄を始めていくというパターンになるかと思います。

 

社会人なりたての20代前半の方に多いです。

 

 

いずれにしても、家を決めて、手元にあるお金を把握したら、次に行うのは住宅ローンの検討となります。

 

ただローンとはいってもどれがいのか分かりませんし、そもそも審査に通るかどうかという不安も大きいと思います。

 

そこで、自分に合った住宅ローンを見つけるのに、まず行っておきたいのがシミュレーションです。

住宅ローンの金利や申込条件は取り扱っている企業によって大きく異なってきます。

 

そのため、通常は複数のローン会社に融資の申し込みをしておきます。

 

審査は時間を要しますし、会社によっては審査が通ったり、通らなかったりしますので、無駄な時間と労力を費用をかけないために、同時で複数の所に申し込み、あらかじめ事前にシミュレーションを行い、審査に通らない可能性が高いところは除外していくことで、より効率良く作業が進められます。

住宅ローンで損しない方法、固定金利と変動金利のメリットとデメリットを把握しておく

住宅ローンで損しない方法ですが、住宅ローンとは一概に言いましても、色々な商品があります。

 

同じ銀行で同じ額を借りるとしても、既に複数の商品が存在します。

 

がん保険等の特約付きかそうでないかによって、金利や返済額も大きく異なります。

 

そして金利だけを取っても固定金利と変動金利の2通りに分かれます。

固定金利は言うまでもなく、金利が固定している住宅ローンです。

 

キャッシングやマイカーローン等、一般的なローン商品はほぼ固定金利であります。

 

ところが、住宅ローンは借り入れる額も桁が違いますし、支払期間も10年、20年というパターンがほとんどで、たかだか1%程度の金利というのが、かなり重みとなってきます。

 

そのため、契約した時から変わらない固定金利、その時の社会情勢等によって利息のパーセンテージが変動する変動金利という住宅ローンがあります。

 

金利が低い時に固定金利型住宅ローンを契約するとかなりお得なのですが、金利が高い時に契約するとかなり損をします

対して変動金利は、相場によって変わってきますので、固定金利のように大きく得をすることも無ければ、大きく損をすることもありません。

現在の社会状況を見てみると、先行きはどのように転ぶのか本当に予測もつきません

 

現在金利が安いといわれていますが、将来はもっと金利が下がるかもしれません。

 

まるで為替のようなもので、いつどこでどのタイミングで変動するか実際は誰にも予想がつかないといってもいいでしょう。

 

ただそれでもどちらかは選択しなければなりませんので、よく熟考の上、判断するようにしましょう。


住宅ローンで損しない方法、自治体で取り扱っている制度も抜かりなく確認する

住宅ローンで損しない方法、まずは住宅ローンを利用する際には、住宅ローン控除について確認が必要ですが、それだけではなく、自治体の制度も念のため確認しておくようにしましょう。

 

これは新築を立てたり、マンションを購入したりするだけではなく、リフォームを行う方も必ず確認しておきます。

 

どちらかといえば、むしろリフォームを考えている方は抜かりなく制度を確認するべきといえます。

 

自治体ではある一定条件に当てはまる場合は、工事費の一部を免除してくれる制度を設けています。

 

特に耐震、バリアフリー、省エネ設計の住宅を検討している方、リフォームを考えている方は確認するようにしましょう。

 

 

耐震については、近年頻発している地震からより強固な住宅設計を行っていかなければならないと国を挙げて取り組んでいる状況であります。

 

マグニチュード9.0Mクラスの地震が懸念される南海トラフ地震、東海地震が近い将来訪れるといわれています。

 

バリアフリーは今後ますます増えていく高齢者が住みやすいような環境にしていくために必要であります。

 

スロープをつけたり、段差を無くしたりすることで、体の機能が低下しても、病院や施設ではなく、在宅で過していけるためには必要不可欠といってもいいです。

 

 

在宅の方が体の機能が落ちにくいといわれています。

 

そして省エネですが、代表的なのが太陽光です。

 

太陽光を設置することで、懸念されている原発事故等のリスクを減らしたり、温暖化を防いでいくことが実現していくといわれています。

 

 

住宅ローンといえば、マイカーローン、教育ローンと並んで、三大ローンの一つであります。そしてこれらのローンの中で最も融資を受ける額が大きいといえます。銀行で何千万といった額を借りて、更に担保を設定して、何十年もかけて支払っていくというものでありますが、金額が金額だけあり、ローンを契約した本人のみならず、配偶者や子供、あるいは孫の代まで支払義務が継承されていくケースも珍しくありません。一戸建てマイホームの購入、マンションの購入が主な使用用途です。最近では、リフォーム資金として住宅ローンを利用される方も増えてきています。いずれにしても、人間生きていくために最低限必要な衣食住の「住」を得るために必要な費用であります。家族を持っている人達が一生懸命働いているのは、家を購入して、住宅ローンを支払っていくためだといっても過言ではありません。一戸建てを土地付で購入した場合は、5千万円程、マンションや土地を所有していて戸建てを建てる場合であれば3千万から5千万位、リフォームが1千万位となります。住宅ローンは最も経済的にしわ寄せがくるといってもいいため、税金も住宅ローン控除という制度があり、現在対象となります。また金利も他のローンに比べて安めではありますが、額が大きい為、かなりの負担にはなってきます。金利も固定であったり、変動であったり、金利によってローンの商品が分けられています。更に医療保険、貯蓄、住宅保険等の特約付きローンというものも人気が高いようです。万が一、自分の身に何かがあった場合、たちまち支払いが滞ってしまいます。実際に失業や病気などでローンが支払えず、泣く泣くマイホームを売却したというケースも最近多いです。更に今後は消費税が高くなる事もあり、今のうちに住宅ローンを検討しておいた方が良いともいわれています。住宅ローンの選び方、契約の時期で今後の将来が大きく分かれ、マイホームの購入を考えている方にとってはまさに人生の分岐点といえます。